精進落としの席での「お茶」

皆さんこんにちは。

告別式の日に行う会食を、「 精進落とし 」といいます。

以前は火葬を終え、初七日法要を終えてから席を設けていましたが、最近では火葬場の休憩室で、精進料理を振る舞いたいと希望される方が増えています。

何故かというと・・・

□ 時間の短縮になる □ 体力的に負担が掛からない ・・・など

火葬場で行うか・・・斎場や自宅に戻ってから行うか・・・これはご遺族の意向や菩提寺があればご住職に相談をして決められます。

そして美味しい精進料理の後は、やっぱり皆さん温かいお茶を飲まれます。

港南台斎場ではより美味しいお茶を召し上がっていただきたく、お茶葉 持参で火葬場へ担当者が同行します。

ちょっとした 「ホッ」 とする心遣いでした。

PAGE TOP