「感慨無量」

皆さんこんにちは・・・。
今日はお電話で、葬儀を終えさせていただいたご葬家と話しました。
その中で、たくさんお褒めのお言葉をいただき、ついついジーンっときてしまいました。
実は港南台斎場にご葬儀の依頼をしていただけるのは、弊社の会員様などの方々と、葬儀社を紹介、斡旋している企業からの入口と大きく分けて2つになります。
お話した方々は後者でした。
本来、両者共公平でなければなりませんが、入口の違いで差が生じる事もあるかも知れません。
私は港南台斎場オープン以来、葬儀をご依頼いただけるきっかけは異なったとしても、公平に対応、葬儀を行わせていただく事を信念に従事して参りました。
その結果お褒めのお言葉を過分にいただく事ができ、信念を曲げずに、やってこれて本当に良かったと感じた1日でした。
これからも様々な方々とのご縁があると思います。
この気持ちを忘れずに、またこの思いが薄れてしまう事があったら、デスクにあるフリージアの香水をつけ望みたいと思います。

PAGE TOP